女性ホルモンのバランスを整えるダマスクローズの効能

 

ローズウォーターやローズオイルは、血液の循環を良くする働きがあるため、女性ホルモンのバランスを整える効果があると言われています。

 

日本でも昔から婦人病を「血の道」と言われているように、血液の巡りと女性ホルモンにはとても深い繋がりがあるのです。ローズウォーターやオイルで血液の巡りを良くすることによって、冷え性が軽減することもあります。

 

女性ホルモンが乱れると生理痛や月経周期の乱れ、また年齢を重ねていくと更年期の症状を引き起こすと言われています。そのよな女性ホルモンの乱れをしっかり整えてくれる効果がローズにはあります。

 

ダマスクローズのリラックス効果

 

香りとは、人間の脳である「考える」部分を通さずに、大脳辺縁系という「感じる」部分にダイレクトに伝わります。そして、視床下部という部分へ伝わることによって、自律神経、免疫系、ホルモン系の働きのバランスを取ります。この働きが身体と心に影響を与えます。

 

脳に多くのストレスがかかると、脳はバランスを崩して情報伝達が適切に行われなくなります。この状態を「脳の疲労」と言います。脳が疲労すると、脳からの体への指令も上手くいかなくなります。

 

ローズの香りはストレスや緊張を和らげる作用があり、心をリラックスさせてくれます。

 

ダマスクローズの美肌効果

 

ローズには抗菌作用や皮膚の調子を整える作用があると言われています。そのため、ローズオイルやウォーターを摂取したり、肌に直接塗ることによって、肌の調子を整えてくれます。

 

また、ローズの香りを嗅ぐことによって、ホルモンバランスが安定され、リラックス効果があることから、肌が綺麗になるとも言われています。肌が綺麗になる理由は、ローズの香りを嗅ぐことによって、皮膚の表面にある肌のバリア機能が高まるからだと言われています。

 

ダマスクローズのその他の効能

 

ダマスクローズには様々な効能があります。

 

美容に関する効能で代表的なものは、肌の調子を整える、抗菌作用、保湿効果、抗アレルギー作用、などがあります。

 

美容系以外で精神系に関する効果として、脳の活性化、自律神経を整える、幸福感を得られる作用などがあります。

 

また、婦人科系の効果としては、女性ホルモンの乱れを整える(月経周期正常化・通経作用等)、子宮強壮などが挙げられます。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加