敏感肌にも使えるラミューテのエンリッチ化粧水

 

敏感肌の定義は、刺激の強い化粧品や洗剤を使用したときに肌が荒れたり、赤みが出たりするなど、普通の人よりも敏感に反応しやすい肌の事を言います。

 

その原因は精神的なストレスやホルモンバランスの乱れ、食生活や住環境の変化などによるものが最近では増えています。

 

そんな敏感肌の方が肌のケアのために通常の基礎化粧品を使ってしまうと、かえって肌にダメージを与えてしまう事になります。ラミューテは、肌に刺激のある成分を使用していないので、敏感肌の方にとってもおススメです。

 

ラミューテが使用していない肌に刺激のある成分

  • パラベン
  • アルコール
  • 石油系界面活性剤
  • 合成着色料

 

■パラベン(化学保存料)
パラベンとは化粧品やシャンプーなどによく使われている化学保存剤です。最も多く使われているパラベンは、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンです。
パラベンを使用する目的としては、化粧品などの製品の有効保存期限を延ばすこと、バクテリアや菌などの繁殖を防ぐためです。しかし、パラベンは乳がんや不妊の原因となる恐れがあると言われている危険な成分なのです。

 

■アルコール
アルコールは成分の大きなくくりで、通常化粧品などに含まれるアルコールは「エタノール」です。エタノールが配合された化粧品には揮発性が強いので、敏感肌や乾燥肌の方は使用しないほうがよいでしょう。
敏感肌や乾燥肌の方がエタノール入りの化粧品を使用すると、肌が余計に乾燥しやすくなったり、ひりひりした刺激を感じるなど、肌に負担がかかる事が多いです。

 

■石油系界面活性剤
石油系界面活性剤はズバリ「角質層を破壊」してしまうのです。つまり、肌のバリア機能に影響が出てくることになります。界面活性の力はタンパク質を溶かすので、肌の表面にある角質細胞を少しずつ溶かしてしまうのです。
肌のバリア機能が壊されてしまうと、肌の水分が蒸発するため肌がカサカサになったり、神経がむき出しになるためヒリヒリしたり、角質がボロボロになるので、肌のキメが荒くなったりします。

 

■合成着色料
着色料の中で最も気を付けなければならないのが「タール色素」という合成着色料です。このタール色素は、毒性が高いと言われています。過去には化粧品にもこのタール色素が使用されていましたが、現在では皮膚障害を引き起こす可能性のあるタール色素は使用されていません。安全性の高いものだけが使用されています。
しかし、敏感肌や乾燥肌の方は肌に合わないケースもあるため、本来は不必要な成分である合成着色料が入っている化粧品は避けるべきです。

 

敏感肌で混合肌の私が体験したラミューテ

 

私も敏感肌で、しかも混合肌のため大人ニキビがひどい状態でした。そんな時に友人に勧められて使ってみたラミューテの体験談をまとめてあります。

 

敏感肌や大人ニキビなどで悩んでいる方は是非参考までにご覧になってください。

 

私のラミューテ体験談はコチラ

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加