オロナインは大人ニキビに効果があるか?

 

誰もが一度は聞いたことがある「オロナインはニキビに効く」という話ですが、はたしてオロナインは本当にニキビに効くのでしょうか?

 

答えは「人によっては効果がある場合もありますが、反対にニキビを悪化させてしまう場合もある」という事です。

 

オロナインを見てみると効果・効能に「にきび・吹き出物・・・」と書かれています。しかし、オロナインの成分を調べてみると「ニキビを治す成分は含まれていない」のです。

 

ではでは、なぜオロナインはニキビに効くと効果・効能を謳っているのでしょうか?それは、オロナインの主成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液という成分に殺菌作用があるためです。この殺菌作用がニキビの原因となるアクネ菌、マラセチア菌といった細菌を攻撃するのです。

 

また、ワセリンやグリセリンなどの保湿成分も含まれているので、肌の保湿の役割を果たします。

 

大人ニキビの主な原因が「乾燥」によって起こされるので、殺菌・保湿という観点からは効果が期待できるものだと思います。

 

それでも、オロナインを使ったらニキビが悪化したという人が後を絶えません。なぜ、これほどまでに違った結果になるのでしょうか?その理由を見ていく事にしましょう。

 

オロナインでニキビが悪化する場合

 

オロナインを使ったらニキビが悪化する人に見られる特徴が、脂性肌・混合肌などの肌質です。オロナインの成分は「殺菌して保湿」するのでオイリー肌の人にとっては、余計に皮脂が増えることになるため、ニキビを悪化させてしまうのです。

 

さらに、これはオイリー肌の人には限定しないのですが、オロナインを患部以外に塗ると、オロナインが毛穴を塞いでしまい、その結果ニキビが出来てしまう場合もあります。

 

大人ニキビの根本的解決法

 

上述のように、オロナインは乾燥肌の場合、ニキビに効果がある場合もありますが、大人ニキビの特徴として「繰り返し同じ場所にニキビができる」事があります。

 

特に女性の場合、生理前や育児や仕事からくるストレスなどで大人ニキビが繰り返しできる方も多いと思います。そのような繰り返されるニキビは諦めるしかないのでしょうか?

 

実は大人ニキビができる原因で一番多いのはストレスや女性ホルモンの乱れによるものなのです。このホルモンバランスを整えることによって、「ニキビができにくい体質」になることが見込めるのです。

 

私の大人ニキビができにくくなる体質改善体験記

 

私は仕事のストレスが酷くて、生理前には必ず決まった場所に酷いニキビが出来ていました。今まで色々な化粧品を試したり、ニキビのケアをしてきたのですが、どうしても改善しませんでした。

 

そんな時に「女性ホルモンに直接働きかける化粧品」のラミューテを友人から紹介されてました。ラミューテを1か月間使ってみた結果、私の肌質は変わりました。目から鱗とはまさにこの事でした。

 

そんな私の体験をまとめてあるので、大人ニキビで悩まれている方は是非、参考にしてみてください。

 

私のラミューテ体験記

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加