ラミューテの美容成分:ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの弱点である不安定さを解消して肌にしっかりと届くように改良されたものです。

 

ビタミンCは美白効果や美肌効果、シワやたるみの予防、毛穴のトラブル、ニキビの改善などの効果がありますが、その不安定さから化粧品には不向きだったのです。

 

ラミューテは、ビタミンCが本来持つ効果をより肌に浸透させるために生まれたビタミンC誘導体を使用している基礎化粧品です。

 

ビタミンCの主な効果

 

■シワやたるみの予防・解消

 

ビタミンCには、コラーゲン生成の促進によって、肌のハリや弾力を出す効果があります。また、セラミドの合成促進作用もあるので、肌の潤いを保つ効果もあります。

 

■ニキビの予防・解消

 

皮脂抑制作用があり、ニキビの原因になる過剰な皮脂の分泌を抑えます。さらに、炎症を抑える効果もあるため、ニキビの悪化や、ニキビ痕ができるのを防ぐ効果もあります。

 

■シミやくすみの予防・解消

 

メラニン色素の還元、生成抑制作作用があります。また、紫外線による活性酸素を取り除いてくれる効果もあります。

 

■アンチエイジング効果

 

肌の老化原因のうち最も大きな要因である活性酸素を取り除く高い抗酸化作用があるため、肌のハリを保つことができます。

 

ビタミンCを化粧品として使用するには・・・

 

上述のように、ビタミンCには様々な効果があるのですが、実はこのままの状態で化粧品として使用することができないのです。

 

その理由は、ビタミンCは空気に触れると酸化してしまい。水に溶かすと活性が無くなってしまうのです。しかも、肌にはバリア機能があるため、ビタミンCを肌につけたとしても皮膚の奥まで浸透していかないのです。

 

さらに、ビタミンCは刺激が強いため、敏感肌の人は肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

 

このような理由から、ビタミンCはこのままの状態では化粧品として使えないのです。

 

そこで、何とかこのビタミンCの効果を化粧品として使えないか?と開発されたのが「ビタミンC誘導体」なのです。ビタミンC誘導体はビタミンCの効果・効能を保ちながら、低刺激で酸化せず、水の中で活性し、皮膚の奥まで浸透することができる成分なのです。

 

ビタミンC誘導体の特徴

 

■角質層まで浸透する力

 

ビタミンCは肌の奥まで浸透することができませんが、ビタミンC誘導体であればその抜群の浸透力が角質層まで浸透させ、肌の奥底から肌をしっかりとケアします。

 

■高い抗酸化作用

 

本来であればビタミンCには抗酸化作用がありますが、空気に触れると酸化してしまうため、その効果が発揮されにくいのですが、ビタミンC誘導体は酸化しにくいため、ビタミンC本来の抗酸化作用をしっかり発揮させることができます。

 

■持続性と安定性

 

ビタミンCは水に溶けやすいのですが、ビタミンC誘導体は肌に浸透してからビタミンCへと変化するので、その効果が持続し、安定します。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加